キッズゲルニカ発案者 阿部 寿文先生による

 

造 形 ・ ア ー ト 教 室

ゲルニカ』(Guernica)は、スペインの画家パブロ・ピカソスペイン内戦中の1937年に描いた絵画、およびそれと同じ絵柄で作られた壁画である。ドイツ空軍コンドル軍団によってビスカヤ県ゲルニカが受けた都市無差別爆撃(ゲルニカ爆撃)を主題としている。20世紀を象徴する絵画であるとされ[1]、その準備と製作に関してもっとも完全に記録されている絵画であるとされることもある[2]。発表当初の評価は高くなかったが、やがて反戦や抵抗のシンボルとなり、ピカソの死後にも保管場所をめぐる論争が繰り広げられた。 ゲルニカは、「偉大な神が降りた」とも言われる。

■キッズゲルニカとは

FNNスーパーニュースアンカーで放送されたキッズゲルニカと阿部先生の紹介映像です。

(この映像は阿部先生からのご提供で搭載許可をいただいております)

■キッズゲルニカ公式サイト

阿部 寿文(あべ としふみ)先生


ルカズハウス・ショーンズハウス・ドッティハウスの子どもたちは

 

キッズゲルニカ活動に参加いたします!!

 

業界権威の阿部先生の特別なお取り計らいで春の展覧会に出展させて頂けることになりました。